アルブチンは高機能な美白成分

美白化粧品に配合されているもっともポピュラーな成分がアルブチンです。

ハイドロキノンの糖誘導体であるアルブチンはシミへの効果が期待できます。そして、美白効果がある成分はさまざまな種類がありますが、アルブチンは厚生労働省でも認可されているもっとも効果の高い成分です。

メラニンは紫外線から守るための役割がありますが、日焼けのシミの原因となってしまう厄介なものでもあります。このメラニンの生成を抑制する働きがあるのがアルブチンです。

メラニンが黒くなるのはチロシナーゼという酵素の影響があります。チロシナーゼはメラニンを酸化させてメラニンは黒色化してしまいます。この黒色化を抑制するのがアルブチンです。

アルブチン配合の化粧水などを使用することで、シミなどの原因となるメラニンを抑制するなどの予防ができますし、シミができてしまったお肌にも色が濃くならないように抑えることができます。

アルブチンを使用するときにはビタミンCと一緒に使用すると、より効果が高まります。ビタミンC自体にもメラニンの生成を抑制する働きがあるためです。

コスメの成分としてポピュラーなアルブチンは化粧品だけでなく、たとえばフェイシャルエステでのケアなどで使われることもあり、安心して使用できる成分だといえます。

ハイドロキノン、はお肌の漂白剤とも呼ばれることもあり、美白効果が強すぎるために使用方法を誤ると皮膚が白く抜けてしまう白斑の副作用などのリスクがあります。しかし、アルブチンは安全な成分とされていて配合には規制はありません。

しかし、紫外線から肌を守るメラニンを抑制する働きがあるという点で、まったく無害とは言えないでしょう。そのため、原液に近い濃度のものをお肌に塗布するのは危険かと思われます。

しかし、販売されている化粧品類では高濃度のものはありませんので、副作用、毒性については心配なく使用することができます。

アルブチンはシミを予防するのに効果が期待できますが、すでにできている場合にはそのほかの成分と複合的にケアしていくことをおすすめします。

紫外線が強くなる季節を迎えるときには、アルブチン配合の化粧品類はおすすめです。