フェイシャルエステはアンチエイジングの切り札!その効果について

季節性の乾燥やニキビなど短期的に受けたダメージによる肌トラブルとは違い、アンチエイジングでは年齢とともに重ねた長期的なダメージを取り除き、細胞レベルで若々しさを取り戻させます。単に加齢によるお肌のトラブルもありますが、生活習慣によって加齢を早めてしまったために生じているものもあります。知らず知らずのうちに少しずつ溜め込んだお肌への負担を取り除くには専門家の手を借りるのが一番!
アンチエイジングと一言にまとめても、たるみ、シワ、毛穴の開き、シミやそばかすなど、気になるポイントは人それぞれ違います。アンチエイジングについてはエステ業界全体で日々研究が進められていますが、施術ごとに得意分野があります。自分の悩みに合った施術を選んで美肌をゲットしましょう!

顔のたるみにはフェイシャルのこんな施術が有効

肌は表面の方から、表皮・真皮・脂肪層・SMAS筋膜・筋肉という階層に分かれています。年齢を重ねると、真皮の層では弾力のもとであるコラーゲンが作られにくくなり、脂肪層では脂肪のクッションが減少し、SMAS筋膜では表情筋がゆるみ全体を支えられなくなり、結果としてたるみとなってしまいます。たるみを元から改善するにはSMAS筋膜の深さまで届くような施術が必要になってきます。
そこで効果が高いのがラジオ波(電磁波)または高密度焦点式超音波を使った施術です。通常の超音波は表層までしか届きませんが、高密度焦点式超音波は超音波をぎゅっと1点に集中させて照射するので、それより深い層、つまりSMAS筋膜まで届くことができます。ラジオ波や高密度焦点式超音波でSMAS筋膜に熱を加えると、筋膜に存在しているコラーゲン繊維が縮み、これにより顔全体がリフトアップされます。さらに、これらの刺激によって真皮の層でもコラーゲンを新たに生成する動きが高まり、一時的ではなく持続的なリフトアップ効果が期待できます。

ちりめんじわや深いシワにはフェイシャルのこんな施術が有効

ちりめんじわとは、乾燥により小さなシワが多数発生し、それが集まってちりめん生地のように見えるものです。このシワは表層レベルのシワなので、しっかりと保湿することで改善することができます。最初に、表層に古い角質が剥がれないまま残っている状態なのでピーリングで優しく取り除きます。今まで古い角質の下にいた新しいお肌が現れるので、そこにコラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分をたっぷり含んだシートマスクやジェルマスクで水分補給します。その後、トリートメントオイルでフタをするように水分を閉じ込めて、ちりめんじわと無縁のお肌に仕上げます。
また、顔全体の浅いシワは乾燥によるものであれば保湿が効果的ですが、老廃物が溜まってしまったことによる全体的なシワであればハンドマッサージも効果的です。体の冷えから慢性的な血行不良となり、それが長期間となると顔の血流やリンパの流れは滞り、むくみやたるみが生じ、だんだんと顔全体にシワが現れてしまいます。老廃物の蓄積によるシワは特に目の下に現れやすいです。豊かな表情を作るために顔には30種類以上の細やかな筋肉が存在します。年齢を重ねるにしたがって、肩こりや腰痛を感じることが増えますが、顔の筋肉も同じなんです。筋肉やリンパの流れを把握している専門家のフェイシャルマッサージで顔の筋肉をほぐし、リラックスしながらシワを改善することができます。
深いシワは真皮レベルで起きているシワなので、真皮まで届くようなケアが必須!たるみのケアで紹介したようなラジオ波や高密度焦点式超音波による施術で、真皮の層やSMAS層を刺激し、コラーゲンの修復や新生を促すような施術が効果的です。

毛穴の開きやたるみにはフェイシャルのこんな施術が有効

10代、20代のときの毛穴の開きは皮脂の過剰分泌によるものでしたが、大人の肌になってからの毛穴の開きはコラーゲンの減少によるたるみから進展したもので、セルフケアのみで引き締めるのは難しいところです。真皮の層にはコラーゲンやエラスチンが存在します。これらはハリや弾力に大事な要素ですが、年齢を重ねたお肌ではこれらが減ってしまい、「毛穴が広がる」というより「毛穴が落ち込んで、さらに重力に引っ張られる」ような形になります。そこで、大人の毛穴ケアにおすすめしたいのがフォトフェイシャルです。フォトフェイシャルとはIPまたはIPL(Intense Pulsed Light)とよばれる光のエステですが、肌に有害な光の波長(紫外線など)は除き、美肌効果のある波長の光を照射します。このフォトフェイシャルは、フェイシャルエステが安いサロンなら、たいてい安価で提供されています。短い波長の光は肌表面の細胞に作用し、長い波長の光は肌深層まで届いて作用するため、肌の各層に良い刺激を与えます。真皮の層では刺激された肌の細胞がコラーゲンやエラスチンを新しく作ろうとする動きが高まって、毛穴の開きやたるみを根本から改善させることができます。

シミやそばかすにはフェイシャルのこんな施術が有効

新陳代謝が低下すると肌のターンオーバーも低下し、古い角質とともにメラニン色素を追い出すことができずに蓄積してしまうことで、シミやそばかすが増えてしまいます。シミやそばかすにもフォトフェイシャルは効果の高いエステです。IPにより真皮の層にいる細胞が刺激されると、肌を新しく作る細胞が活性化され、ターンオーバーが正常に近づきます。この細胞の働きとともに、肌に沈着していたメラニン色素も自然と取り除かれていくので、シミやそばかすも薄くなっていきます。
さらにイオン導入を用いた美容液パックを合わせて行う施術で相乗効果を狙いましょう。表皮の層の中でもさらに細胞の層に分かれており、表面から角質層、次に顆粒層と並んでいます。角質層は陽イオン(+)で酸性、顆粒層は陰イオン(-)でアルカリ性に保たれていて、プラスマイナスの相反する力で電気の膜ができています。これが電気のバリアとなっているので、ただ美容液を塗ってもこのバリアより先に染み込むことができません。そこで、イオン導入のマシンを使用し、角質層と顆粒層を中性に傾けることで、このバリアを一時的に弱めます。その状態からマイナスの電流を流すと、陰イオンを帯びている美容成分(ビタミンC誘導体など)はマイナスとマイナスで反発し、表面から奥の方までググッと押し込まれるように浸透するのです。ビタミンCの抗酸化作用はシミやそばかすに高い効果を示しますが、そのままでは非常に不安定な物質です。ビタミンC誘導体がビタミンCの安定化と肌への吸収を高め、より効率よく美白を目指すことができます。

カルボニル化?怖い糖化とシミや美肌の関係

くすみを気にする女性

肌が黄色くくすんで見える、疲れて見える、美白ケアを行っているのに透明感が出ない気がする。
これは肌の黄くすみが原因です。

黄くすみの特徴は普通のくすみやシミとは違います。普段のケアでくすみが解消しない場合は黄くすみを疑ってみるのが良いでしょう。
黄くすみの特徴は真皮から黄色く変化してしまうことです。加齢や紫外線が原因のくすみは30代~40代のエイジングが気になる年頃から現れることが多いのですが、黄くすみは20代前半から現れます。年齢に関係なく肌が黄色っぽく沈んだ色になり女性を悩ませるのが黄くすみの最大の特徴です。

黄くすみの大きな原因は「糖化」と「カルボニル化」です。
それに次いで生活習慣も大きな原因となります。睡眠不足を避けしっかりと休息を取ること、屋外ではもちろん、家の中でも紫外線対策をしっかりすること、喫煙の習慣をやめること、適度な運動をして新陳代謝を活発にすること、冷えを防いで血流をよくすること、等身近なことで改善できることはたくさんあります。もちろん加齢も原因の一つです。黄くすみケアと同時にエイジングケアもしていきましょう。

糖化を予防する成分は、カモミールや桑の葉、ドクダミ、グァヴァなどのハーブ類に含まれています。甜茶なども良いと言われていますので、お茶を飲む時にはお砂糖のたっぷり入ったミルクティーやカフェオレなどではなく、ハーブティーに変えてみるだけでも効果があります。特にカモミールは睡眠導入やリラックスの効果もあるので美肌の敵の睡眠不足やストレスにも良いでしょう。ハーブティーが飲みつらい方はバラのエキスやショウガが入ったものだと飲みやすいし効果も倍増です。

また、ビタミンB1にも予防する成分が含まれているので普段の食事を少し変えてみるのも良いでしょう。具体的には豚肉に多くビタミンB1が含まれているのでヒレ肉などの脂肪分の少ないものを食事に取り入れるのがおすすめです。たとえばシミのサプリにもこうしたビタミンは豊富に含まれているのでおすすめです。
他には白砂糖を三温糖にしたり、白いご飯を玄米に変えたり、普段お料理に使う砂糖をオリゴ糖に変えるのもよいでしょう。基本的に白い食べ物よりも茶色い食べ物の方が糖の吸収がゆっくりになります。

普段の食事での炭水化物やスイーツ等の糖分は黄くすみの敵になります。血液中に糖分が長い間留まるとそれが糖化の原因になります。糖化というと分かりにくいですが、つまりはお砂糖を加熱すると焦げて褐色になるように、体内の糖分が褐色に焦げ付き、それが黄色くお肌に出てしまうようなイメージです。

体内の糖分とタンパク質は結びつきやすく、それらが結合するとAGEsという物質になります。AGEsは褐色になりやすく、それがお肌にも影響してしまいます。恐ろしいことに、一度生成されたAGEsはすぐに体外に排出されることはありません。それが黄くすみにつながってしまいます。

血糖値が高い状態が続けば続くほど糖化が進みます。体の活動エネルギーとして使用される糖分はもちろん大切な栄養源なので、必要量は接種して欲しいのですが、余分な糖分を取りすぎるとそれはAGEsの原因になります。三食しっかり食べて間食をしない方が黄くすみを防ぐ点では良いでしょう。ダラダラと飴やグミなど食べてしまってはずっと血糖値が高い状態が続くのでお勧めできません。

お肌の保湿に欠かせない美容成分セラミド

女性の肌

セラミドとは角質細胞間脂質の一種です。セラミドが減少すると、お肌の水分がどんどん蒸発してしまい、しわやシミなどの肌トラブルの原因となります。

肌の水分を維持するために最も必要な美容成分です。セラミドが不足したお肌の表面は粉をふいたような状態になります。キメの整った美しい肌にはセラミドがしっかり存在し、肌のバリア機能が正常に作用するのです。

セラミドはお肌のターンオーバーと共に作られるものですが、寝不足や加齢などが原因で減少していきます。食事からは摂ることが出来ない成分なので、化粧品で補充する必要があるのです。

セラミド配合をうたった化粧品はたくさん販売されていますが、中には配合成分が少なかったり、本来のセラミドとは違うセラミドのような成分と言うだけのものもあります。

選ぶ基準としては「セラミド1」「セラミド2」といったようにセラミドの後に数字がついているものにしましょう。

またセラミドは水には溶けにくい性質を持っていますので、化粧水ではなく美容液やクリームを選んだ方が賢明です。

■今注目の美容成分フラーレン

フラーレンとはあまり耳慣れない言葉ですが、美容に欠かせない抗酸化作用のある成分です。ダイヤモンドと同じ炭素のみで構成されている物質で、今注目の成分なのです。

お肌が年齢と共に老化をしていく原因の大きなものに活性酸素があります。人が生きていく上で活性酸素をと無関係でいることは出来ません。

しかしそのせいでしわやシミ、またたるみが起こることも事実なのです。それを防ぐためには抗酸化作用のある成分を使用する必要があるのです。

抗酸化成分の代表的なものにビタミンCやアスタキサンチン、コエンザイムQ10と言ったものがありますが、フラーレンの特徴はその持続力と安定性にあります。

活性酸素にはたくさんの種類がありますが、フラーレンは吸着できる活性酸素の種類が多く、その持続力でお肌の表面のしっかりお掃除してくれます。

効果は何と11時間も続くのです!また紫外線の強い季節には抗酸化成分は壊れやすいのですが、その紫外線にも壊れずに安定しているというのがフラーレンの一番の特徴なのです。

素肌美人な芸能人の愛用コスメを紹介!

道端ジェシカさんといえば、モデルやタレントして今大ブレイク中です。すらっとしてスタイルがよく、とても美しい人としてよく知られていますが、彼女の最大の魅力は、その素肌の美しさです。

ここでは、道端ジェシカさん愛用コスメをいくつかご紹介していきます。

道端ジェシカさん自身がブログで紹介していたサロン専用化粧品、「ニューピュアフコイダン」は、高橋ミカさんという方のサロンで使われている美容液です。オールインワンの美容液はお肌がプリプリになると、口コミ評価も高いようです。

セレブ愛用の高級化粧品の「クレーム ドゥ ラ メール」も道端ジェシカさんが使用しているコスメのひとつです。高価なクリームですが、ストレスによる肌荒れや乾燥、またアトピーなどにも効果のある、お助けコスメなのだそうです。

道端ジェシカさん愛用コスメのなかで、価格的にチャレンジしやすいのが、「ライフフォース」の薬用化粧品です。深層保湿成分が豊富に含まれており、全ての肌タイプの人が使えるのもうれしいですね。

■美魔女で有名な山田佳子さん

40代という年齢なのに、まるで20代のように見える山田佳子さん。美魔女と言われる彼女の最大の魅力は、その素顔です。

その美しさは、日ごろの努力や美に対する意識の高さゆえのものです。今回は、そんな山田佳子さん愛用コスメについてご紹介します。

まず、山田佳子さんが普段使いしているといわれるのが、オーガニックコスメとして有名な「オラクル」です。オラクルといえば山田佳子さんのほかに、多くのモデルさんが愛用中のコスメでもあります。オラクルはオーガニックで成分が安心なのに加えて、ハーブのよい香りが特徴です。

山田佳子さん愛用のボディクリームといえば、「ママバター」です。シアバターを10%以上配合したママバターは、お肌の潤いを逃がさず、保湿効果が高いクリームです。コスパがよいことも、人気の理由のひとつです。

また、山田佳子さんが美白用化粧品として使用しているのが、「アンプルールの薬用美容液」です。優秀美白化粧品として有名なこのコスメは、肌のくすみを取り除き、透明感のある肌にしてくれると高評価です。

 

意外と知らない?毛穴のはたらき

毛穴

毛穴は、産毛などのムダ毛が生えている肌表面にある直径0.2ミリ程度になる穴の事で、実は顔のみならず、頭の上から足のつま先まで全身にくまなく存在しています。

身体中の毛穴の総数は、500万個にも上り、顔部分で20万個程度と推測されています。毛穴は、医療分野の専門用語では(毛包)とも呼ばれており、毛根を包囲する皮膚のくぼみ部分としても捉えられています。

毛穴の奥側には、発毛を促す毛根部分があり、そしてその根本部分が毛母細胞という構造です。

基本的に毛穴から規則的なサイクルで生える体毛は、埃などの雑菌や紫外線などの刺激物を私達の身から防護してくれる重要な存在です。

そして毛穴の中には皮脂腺もあり、普段何気なく行っている発汗や体内の老廃物排出など新陳代謝を促すには欠かせない機能です。

毛穴には、こうした体内の不要物や余分な皮脂を体外に運んでくれる働きもあり、適当な皮脂を肌表面に分泌する事で、皮脂膜を張ってお肌の乾燥をも防いでくれるのです。

このように毛穴の役割なくしては、健全な皮膚呼吸が不可能であり、毎日の健康維持と美肌促進は叶わないのです。

■しっかり防ぎたい毛穴トラブル

毛穴トラブルは基本的に加齢するごとに見舞われる回数が多くなり、その人の持つ肌質や年齢などによって、症例がそれぞれ違ってきます。

一番よく聞かれる毛穴トラブルの例は、開き毛穴や毛穴が黒ずむ色素沈着、角栓の詰まりなどが挙げられます。

年齢別にトラブル例を具体的に見ていくと、例えば10代20代は、過剰な皮脂分泌で起きる開き毛穴や角栓詰まりであったり、小鼻周囲やおでこなどに黒くブツブツとした苺状の毛穴が発生するケースが多いです。

そして30代にもなると、尚皮脂量が増加するだけでなく、生活習慣の大幅な変化などのストレスや加齢によって肌の張りが急速に失われ、頬付近の毛穴が益々開くトラブルが顕著になります。

更に40代に突入すれば、お肌の弾力が30代以上に低下するので、頬から下の顎部分にも更に肥大化した毛穴が広がって目立ってくるのです。

このように各種毛穴トラブルに対処するには、乾燥によるものなのか?皮脂過剰によるものなのか?根本の要因を明確に見極める事が重要になり、日頃から肌表面を柔軟にしつつ代謝力を高めるスキンケアが不可欠になります。